比較

【徹底比較】レアジョブとDMM英会話どっちがいい?

オンライン英会話を始めようと思い立ったものの、似たようなサービスが多くどれを選んだらいいか迷ってしまいます。

当サイトでは各種ランキングを掲載していますが、それでもやっぱり迷ってしまうと思います。そんな時は、レアジョブかDMM英会話どちらかに絞ってオンライン英会話スクールを選ぶのも一つの手です。

なぜレジョブとDMM英会話なのか?

なぜレアジョブとDMM英会話、この二つから選ぶといいのでしょうか?理由は簡単で、共にオンライン英会話の中では最大手で顧客満足度も高く、同じようなサービス水準だからです。

どのオンライン英会話スクールにするか迷ったら、この二つから選んでおけばまず間違いは無いと思います。

ここからは、様々な視点から二つのオンライン英会話スクールを比較していきたいと思います。

レアジョブとDMM英会話の歴史

レアジョブとDMM英会話の歴史を比較してみます。

レアジョブの歴史

レアジョブは日本で初めてオンライン英会話の仕組みを作ったいわゆるパイオニア的存在です。2007年からレッスンを開始していますので13年の歴史があります。(2020年現在)

そのため、サービスのノウハウも蓄積されており安定したサービスが受けられるのが最大の強みです。

DMM英会話の歴史

DMM英会話は2013年サービス開始と比較的新し目のサービスです。

しかし、動画配信などで得た利益でサービスの地盤を強化し、一気に利用者数を伸ばしています。新進気鋭の英会話スクールなのでサービスの質に不安を抱くかもしれませんが、顧客満足度1位を獲得しているだけあってサービスの質にもなんら問題はありません。

レアジョブとDMM英会話の料金比較

まずもっとも気になるのがレッスンにかかる費用ではないでしょうか?

どちらのスクールもオンライン英会話の中では比較的お値打ちにレッスンを受けられますが、どのくらい差があるのでしょうか?

それぞれ異なった料金プランが用意されていますが、ここでは基本となる「毎日1レッスン(25分)」と「毎日2レッスン(50分)」で比較してみようと思います。

ちなみに、両スクールとも1レッスンの時間は25分です。

  レアジョブ DMM英会話
毎日25分レッスン 6,380円 6,480円
1レッスンあたり 205円 209円
毎日50分レッスン 10,670円 10,780円
1レッスンあたり 172円 174円

レアジョブの方がDMMより若干安いですが、それほど大きな差はありません。といっても年間を通すと1,200円ほどDMMの方が高くなるのでその差をどう考えるかです。

追加レッスンの料金

もっとレッスンを受けたい!という方はチケットを購入する形で追加レッスンを受けることができます。

追加チケットの金額はレアジョブが600円、DMMが500円とDMMの方が安く設定されています。

なお、両スクールともレッスンの繰り越しはできないので、「平日は忙しくてレッスンが受けられないので土日にまとめて受講する」というような使い方はできないのでご注意ください。

レアジョブとDMM英会話の講師陣比較

レアジョブとDMM英会話の講師陣を比較します。

まずオンライン英会話の講師は基本的にはフィリピン人講師が中心です。レアジョブ・DMM英会話ともにフィリピン人講師が中心ですが、DMM英会話にはフィリピン人講師以外にも、アメリカ、カナダ、イギリスなど英語を母語とするネイティブの講師も在籍しています。

レアジョブの講師陣

レアジョブの講師陣は全てフィリピン人です。DMMのように様々な国の英語に触れることはできませんが、採用率1%という狭き門を通過した優秀な講師陣が揃っています。

また、講師陣は「フィリピンの東大」と言われるフィリピン大学の学生・卒業生を中心に採用しているので質の高さは折り紙付きです。

DMM英会話の講師陣

DMM英会話の魅力はなんといってもネイティブの講師陣が在籍しているところです。ネイティブ特有の言い回しやニュアンスなどを学びたい方はDMM一択になります。

しかし、ネイティブの講師からレッスンを受けたい場合は料金が高くなってしまうのでご注意ください。

  スタンダードプラン ネイティブプラン
毎日25分レッスン 6,480円 15,800円
1レッスンあたり 209円 510円
毎日50分レッスン 10,780円 31,200円
1レッスンあたり 174円 503円

また、フィリピン人講師の質も決して悪くなく、採用率5%という難関を突破した講師陣が揃っていますので「スタンダードプラン」でも安心してレッスンを受けることができます。

レアジョブとDMM英会話の教材比較

続いては両スクールの教材について比較します。

両スクールともシチュエーション別、レベル別で豊富な教材を取り揃えており受けたいレッスンが無いと困ることはありません。

レアジョブの教材

レアジョブはDMM英会話と比べるとビジネス英語が強い印象があります。

また、各教材も「日常英会話」「ビジネス英会話」のように大きな分類の中に小さなトピックが用意されているので、初めての方でも教材選びがしやすい仕組みとなっています。

レアジョブの主なレッスン内容は次の通りです。

  • 日常英会話
  • ビジネス英会話
  • ディスカッション
  • スモールトーク
  • 発音
  • オンライン英会話準備

これらの教材の中に、さらに細かくトピックスが用意されています。

DMMの教材

DMM英会話の教材は、レアジョブと比較するとピンポイントの教材が多い印象です。例えば、レアジョブなら「日常英会話」と一括りにされているトピックスでも、DMMの場合は「旅行先で使える英会話」や「健康に関する英会話」など細かく設定されています。

DMMのレッスン内容は次のようになっています。

  • デイリーニュース
  • 会話
  • 写真描写
  • 健康とライフスタイル
  • 旅行と文化
  • ビジネス
  • キッズ英語
  • 世界の文学
  • 文法
  • 発音
  • 語彙
  • テーマ別英会話
  • ディスカッション
  • スピーキングテスト
  • IELTSスピーキング対策
  • TOEICスピーキングリアル模試
  • TOEFLスピーキング
  • 英検対策
  • エレメンタリーリーディング
  • Let’s Go
  • Side by Side
  • シーン別本当に使える実践ビジネス英会話
  • 瞬間英作文
  • Grammar in Use
  • Speak Now
  • Passport

このように非常に細かく別れているので、自分が今必要としているレッスンを受けることができます。逆にいうとありすぎてどれを選んだらいいのか迷う可能性もあります。

レッスンの受講可能時間と予約についての比較

レッスンの予約方法にもそれぞれ違いがあります。

  レアジョブ DMM英会話
受講可能時間 朝6時〜夜25時まで 24時間
予約可能時間 レッスン開始5分前まで レッスン開始15分前まで
キャンセル可能時間 レッスン開始30分前まで レッスン開始30分前まで

時間を気にせず受講したい場合はDMM英会話一択です。

またレアジョブはレッスン開始5分前まで予約可能なので、突然時間が空いてしまった時や予約を忘れてしまった時などとっさに対応することができます。

そのほかの特徴

ここまでは共通の項目について比較してきました。ここからはそれぞれの独自の特徴についてご紹介いたします。

レアジョブの特徴

  • 無料カウンセリングが受けられる
  • スピーキングテストが本格的

無料カウンセリングが受けられる

レアジョブでは有料会員になる前の無料期間中に日本人スタッフによるカウンセリングを受けることができます。

カウンセリングでは、教材の選び方や自分にあった英語学習方法など気になっていることを質問することができるので、オンライン英会話が初めてという方でも安心して有料会員登録に進むことができます。

なお、無料カウンセリングが受けられるのは、無料期間中の1回のみです。

有料会員後にカウンセリングを受けたい場合は、オプションサービスの「あんしんパッケージ」(月額980円)に加入する必要があります。

スピーキングテストが本格的

ほとんどのオンライン英会話スクールにはスピーキングテストがついており「初めてレッスンを受けるから自分のレベルが知りたい」「レッスンを終えてどのくらいレベルが上がったのか知りたい」というのが分かるようになっています。

しかし、スピーキングテストの判断は講師任せになっていることが多く、講師によってはいい加減なレベルをつけられてしまうことがあります。

レアジョブでは、スピーキングテストの評価を、国際的評価基準CERF-Jに基づきレベルの評価をしてくれるので、講師によるブレがなく正確に自分の英語レベルを知ることができます。

DMM英会話の特徴

  • 英語学習アプリ「iKnow!」を無料で使用できる
  • コンシェルジュに問い合わせができる

映画学習アプリ「iKnow!」を無料で使用できる

DMM英会話では有料会員になると、200万人が利用している英語学習アプリ「iKnow!」を無料で使用することができます。

「iKnow!」は普通に使用すると月額1,480円必要なのでかなりお得な特典だと思われます。

アプリを使用すれば隙間時間も有効に英語学習にあてられます。

コンシェルジュに問い合わせができる

実際にオンライン英会話を始めると、「講師が遅刻している」や「Skypeの設定の仕方が分からない」など、レッスン内容以外で問題が発生することがあります。

そういった困りごとを解決してくれるのがDMM英会話のコンシェルジュサービスです。

これにより、余計なことに気を取られず学習に集中することができます。

レアジョブとDMM英会話どちらを利用すればいいの?

様々な視点から二つのサービスを比較してきました。一長一短ある二つのサービスどちらがおすすめなのでしょうか?

    レアジョブ DMM英会話
料金比較 毎日25分レッスン 6,380円 6,480円
1レッスンあたり 205円 209円
毎日50分レッスン 10,670円 10,780円
1レッスンあたり 172円 174円
講師陣国籍 フィリピン人 フィリピン人を中心とした131カ国以上
ネイティブプラン 毎日25分レッスン 15,800円
1レッスあたり 510円
教材の特徴 ビジネス英会話が充実 細かくシチュエーション分けされている
受講可能時間 朝6時〜夜25時まで 24時間
予約関連比較 予約可能時間 レッスン開始5分前まで レッスン開始15分前まで
キャンセル可能時間 レッスン開始30分前まで
その他特徴 ・無料カウンセリングあり
・スピーキングテストが本格的
・「iKnow」が無料で使用できる
・コンシェルジュサービス
無料体験 レッスン2回+カウンセリング レッスン2回

レアジョブがおすすめな方

  • 少しでも安くレッスンを受けたい方
  • ビジネス英会話を安く学びたい方
  • オンライン英会話が初めてで何から手をつけたらいいのか分からない方

少しでも安くレッスンを受けたい方

DMM英会話と比べレアジョブの方が100円ほど安いです。少しでも安くレッスンを受けてたい方にはレアジョブがおすすめです。

ビジネス英会話を安く学びたい

ビジネス英会話といえば「ビズメイツ」が有名ですが、料金が倍近く跳ね上がってしまいます。DMM英会話と比べるとレアジョブのビジネス英会話教材は充実しているので、まずは安くビジネス英会話を学びたい方にはレアジョブがおすすめです。

オンライン英会話が初めてで何から手をつけたらいいのか分からない方

レアジョブでは無料体験中に一度だけカウンセリングを受けることができます。カウンセリングではこれからのレッスンの方針などを相談できるので、初心者で何から手をつけていいのか分からない方には特におすすめです。

DMM英会話の特徴

  • ネイティブ講師のレッスンを受けたい方
  • 旅行で使用する英会話を学びたいなど、英会話を学ぶ理由が明確になっている方
  • 24時間好きな時間にレッスンを受けたい方

ネイティブ講師のレッスンを受けたい方

DMM英会話ではフィリピン人講師以外にも、アメリカ、カナダなどのネイティブをはじめとする131ヶ国もの講師が在籍しています。色々な国の英語に触れてみたい方にはDMM英会話がおすすめです。

英会話を学ぶ理由が明確になっている方

DMM英会話の教材は細かくシチュエーション分けがされています。旅行で使う英語を学びたいなど、英語を学ぶ目的が明確になっている方にはDMM英会話がおすすめです。もちろん初心者コースもありますので、これから英語を学ぼうと思っている方にも対応しています。

24時間好きな時間にレッスンを受けたい方

DMM英会話は24時間365日いつでもレッスンを受けることができます。朝活などで早朝にレッスンを受けたい方や、仕事の関係で深夜しかレッスンを受けられない方などはDMM英会話をおすすめします。

最後に

オンライン英会話の2大巨頭「レアジョブ」と「DMM英会話」を様々な視点から比較してみました。

どちらのサービスも一長一短ありますが、共に顧客満足度は高く、どちらを選んでも後悔しないと思います。もし、まだ迷っているようでしたら、両方の無料体験を受けてみることをおすすめします。

それでも決めかねている方は、当サイトではその他のオンライン英会話スクールについても解説していますので、一度そちらにも目を通して見てください。

オンライン英会話のランキングを見る